集束型衝撃波
BTL-6000 フォーカス®Focused shockwave BTL-6000 FoCus®

BTL-6000 フォーカス®の特徴

患者様、医療従事者の双方に
多くのメリットがあります。

機器本体MAIN BODY

疼痛治療装置

出力0.27mJ/mm²、周波数4Hzまで
設定可能な高性能の体外衝撃波によって
疼痛緩和を促す

簡単なメンテナンス

水やオイルの定期的な交換は必要なく
アプリケーターの清掃のみでOK

パルスモニタリング

照射が一定の出力で継続していることを
自動で確認する機能

アプリケーターAPPLICATOR

アプリケーターにおける
3つのメリット

RELIABILITY

最新技術に基づいた
信頼性および耐久性
優れたデザイン

USABILITY

治療中にパラメーター
調整が可能な
ディスプレイを搭載

EFFICACY

3種類の
カップリングパッドによって
エネルギー深達度が
調整可能

カップリングパッドCOUPLING PAD

種類のカップリングパッド
(標準搭載)

BTL-6000 フォーカス®使用例

肩から足裏まで、全身に使用できます。

※国内の使用例は難治性足底腱膜炎のみ

THERAPY FLOW

治療の流れ

  • STEP01

    診断

    診断を行い、患部における痛点を特定します。
    (必要に応じてMRIやエコーで確認)

  • STEP02

    焦点深度を調整

    目標組織の深度に従って適切なカップリングパッドを選択します。

  • STEP03

    ジェル塗布

    最適なエネルギー伝達を確保するため、
    アプリケーターレンズおよび治療部位に適量のジェルを塗布します。

  • STEP04

    治療開始

    アプリケーターのスタートボタンを押して、
    治療を開始します。

FAQ

よくあるご質問

  • 拡散型圧力波との使い分けについて教えてください。

    主な違いはエネルギーが集束する箇所、焦点の位置にあります。拡散型圧力波の焦点は身体の表面から組織に広がっていきます。一方、集束型衝撃波の焦点は組織の深部にあり、その深度は調整可能です。結果、拡散型圧力波はより表面的な部位の治療、集束型衝撃波は深部組織の治療に適しています。

  • 痛みはありますか?

    患者様の状況によって、治療中に軽い痛みや不快感を覚える場合があります。患者一人一人の許容範囲に合わせて、出力を調整しながら治療を実施します。

  • 治療時間や施術回数はどれくらいですか?

    必要な施術回数は患者の状況や疾患によって違います。多くの疾患では、3~10日間隔で数回の施術が必要とされます。

  • ダウンタイム(回復時間)はありますか?

    治療直後から日常生活に戻ることができます。治療部位における軽い痛みは治療後24時間以内に消失します。

  • 副作用ありますか?

    治療された部位に赤みや内出血ができる場合がありますが、数日間程度で消失します。

  • 治療対象外の患者はいますか?

    原則として、治療は誰でも受けられます。ただし、下記の禁忌事項に該当する方は治療をお控えください。
    ・血液疾患、凝固障害、抗凝固剤の服用
    ・妊婦
    ・血栓症
    ・癌性疾患
    ・多発性神経障害
    ・急性炎症および/または感染症
    ・あらゆる不安定な病状または精神状態

製品詳細

販売名
BTL-6000 フォーカス®
定格電源
AC100V 50Hz / 60Hz
本体寸法
580mm x 550mm x 980mm
本体重量
30kg

FACILITY SEARCH

導入施設検索

CONTACT

お問い合わせ・ご相談

資料送付、訪問による詳しい説明及び
機器デモンストレーションを行っています。

BTL-6000 フォーカス®
導入を検討されている医療従事者は
こちらからご相談ください。

施設検索